トヨタが一途に社員へ叩きこむ「思考の本質」

専門知識を持っているだけでは役に立たない

これはヒトの本能であり、意識的に変えることはできない。それが、人間が現代社会のさまざまな課題に効果的に対処する障害となっている。残念ながら、DNAに組み込まれた「認知のクセ」をなくすことはできない。できるのは、こうした自分の脳の「認知のクセ」を意識して、それを修正する行動をつねに取ることだ。

「頭のいい人」とは、具体と抽象を自由に行き来できる人

『深く、速く、考える。「本質」を見抜く思考の技術』(クロスメディア・パブリッシング)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ヒトの脳は、ものごとを抽象化することも苦手だ。理解するとは、「新しい情報を頭の中にあることがらと結びつけること」だと説明したが、私たちの頭の中にある記憶のほとんどは、具体的なことがらだ。だから複雑な状況を目にすると、脳は「本質的な構造や因果関係」より「具体的で細かいこと」に意識を奪われてしまう。

これも脳のクセだが、このおかげで抽象化したり、抽象的な概念を理解したりすることが苦手だ。数学や哲学は、ものごとの性質を抽象化した学問だから、多くの人たちにとって理解するのが難しい。抽象的な議論が得意な人の中には、それを具体的なものごとに対応させないで考える人たちもいる。そうした人たちの思考はいわゆる「机上の空論」となりやすい。

本当に「頭のいい人」とは、具体と抽象を自在に行き来できる人だ。複雑な現象を具体レベルで見たら、次に俯瞰して抽象レベルから見るというように、自在に視点の抽象度を上げ下げできる人は、ものごとの本質を理解しやすい。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?