コンゴが3地域で黄熱病の流行を宣言

感染の疑い1000人超える

 6月20日、コンゴ政府は、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。写真は黄熱病に罹った子供と母親。アンゴラの首都ルアンダの病院で3月撮影(2016年 ロイター/Herculano Coroado)

[キンシャサ 20日 ロイター] - コンゴ政府は20日、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。同国では67人の感染が確認され、別に1000人が感染の疑いで監視下に置かれている。

カバンゲ保健相は、確認された感染のうち国内での発症は7人、58人は最初に流行したアンゴラで発症、2人は今回の流行とは無関係の森林地帯で発症したと述べた。

黄熱病は、ジカ熱やデング熱などと同様に蚊が媒介するが、はるかに深刻な症状をもたらす。

首都キンシャサは人口が1200万人と高密度で医療設備が整っていないことから、国際保健機関当局者らは最大の懸念と指摘している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。