コンゴが3地域で黄熱病の流行を宣言

感染の疑い1000人超える

 6月20日、コンゴ政府は、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。写真は黄熱病に罹った子供と母親。アンゴラの首都ルアンダの病院で3月撮影(2016年 ロイター/Herculano Coroado)

[キンシャサ 20日 ロイター] - コンゴ政府は20日、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。同国では67人の感染が確認され、別に1000人が感染の疑いで監視下に置かれている。

カバンゲ保健相は、確認された感染のうち国内での発症は7人、58人は最初に流行したアンゴラで発症、2人は今回の流行とは無関係の森林地帯で発症したと述べた。

黄熱病は、ジカ熱やデング熱などと同様に蚊が媒介するが、はるかに深刻な症状をもたらす。

首都キンシャサは人口が1200万人と高密度で医療設備が整っていないことから、国際保健機関当局者らは最大の懸念と指摘している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT