コンゴが3地域で黄熱病の流行を宣言

感染の疑い1000人超える

 6月20日、コンゴ政府は、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。写真は黄熱病に罹った子供と母親。アンゴラの首都ルアンダの病院で3月撮影(2016年 ロイター/Herculano Coroado)

[キンシャサ 20日 ロイター] - コンゴ政府は20日、首都キンシャサを含む3つの地域について、黄熱病の流行宣言を出した。同国では67人の感染が確認され、別に1000人が感染の疑いで監視下に置かれている。

カバンゲ保健相は、確認された感染のうち国内での発症は7人、58人は最初に流行したアンゴラで発症、2人は今回の流行とは無関係の森林地帯で発症したと述べた。

黄熱病は、ジカ熱やデング熱などと同様に蚊が媒介するが、はるかに深刻な症状をもたらす。

首都キンシャサは人口が1200万人と高密度で医療設備が整っていないことから、国際保健機関当局者らは最大の懸念と指摘している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT