ケニアに学びたい、一歩進んだ「性教育」

布ナプキンを男女一緒に作る意味

生徒と地域住民が一緒になって学ぶ、布ナプキン講習会の様子

え? 本当に男の子も参加するのですか……。最初に聞いた時は、驚きました。それは「布ナプキン作り」の講習会だったからです。そう、女性が生理の時に使う、あのナプキンです。

ケニア西部のケリチョー郡。紅茶の産地で有名な農村部で、日本のNPOが活躍しています。保健医療の仕組みづくりを手掛けるHANDS(Health and Development Service)は、郡政府と一緒に地域医療の担い手を育ててきました。筆者は6月上旬に現地へ行き、HANDSの事業のひとつ、カプレラッチ小学校における「布ナプキン作り」を見学しました。

舗装された道路から、畑の方へ。雨が降るとタイヤがはまり込む凸凹道をしばらく走ると、広場のような学校の敷地が見えてきます。建物の中には、子どもたちと地域の大人が集まっていました。一歩外に出ると、ヤギや犬がくつろいだ様子で座っています。

男女一緒に行う、布ナプキン作り

手縫いで作る布ナプキン

集まった約40人の生徒は、10~13歳の子どもたちで、男女ほぼ半々。制服は緑と白のギンガムチェックのシャツと、深緑色のジャンバースカートやパンツ。

子どもたちが取り組んでいるのは、この、布ナプキン作り。いわゆる「羽根つきナプキン」を手縫いで作っているのです。当て布を取り換えて洗うことで、何度も使えるようになっています。

次ページ男女一緒に学ぶ意味とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT