『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)

―経済も人生も、あゝ無情―

この作品では、ナポレオン1世没落直後の1815年から復古王政時代経た1833年までの18年間が対象で、まさにフランス史そのものといっても過言ではない。

この作品の場面となった時代は、まさに先が見えない革命の時代であった。しかし、現代でも先が見えないということでは、経済でも経営でも一緒である。経済政策や経営計画では、一般的には中期計画(3年)、そして長期計画(5年)がある。しかし、せっかく計画を立てたとしてもなかなかそれが達成できない。それは計画には無理がつきものであるが、予想できないことが起こることからである。東日本大震災や同時多発テロなどの天災や、尖閣諸島問題やアラブの春などの政治的問題、欧州債務危機や財政の崖などの経済的問題、シェールガスの活用などの産業的課題などなど、予想もしなかった問題も発生する。それも悲惨なことも多い。もちろん、個人の人生でも予想できないことが多い。

しかし、将来が全て分かっていたら、計画も努力もする気がしなくなるのではないか。分からないから、いろいろあるから、大変だけれども面白いのではないか。味があるのではないか。また、予想外の事態や、失敗から大成功が生まれることも多い。どんな時でも“前向きな気持ち”を持ち続けることが最も大事ではないか。他力本願的な経済政策や経営計画では成功は覚束ない。バルジャンも強い清らかな気持ちは最後まで失わなかった。

というわけで、突然ですが、この『宿輪純一のシネマ経済学~映画を見れば経済がわかる』の連載もこれで終了です。約3年間お世話になりました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT