最新の「排塩メシ」をコンビニで実現する方法

欧米で話題「DASH食」を日常に取り入れるには

塩分は摂取量だけでなく排出量にも気を配ってみてください(写真:yganko / PIXTA)

近年、欧米の医療現場で活用されている「DASH食」をご存じですか? 低脂肪食を中心に、塩分排出効果のある食物繊維やミネラルの摂取を重視するなど、食材の特徴を生かした食べ方です。

高血圧を改善する目的で組まれている食事法ですが、高血圧に限らず、人間に必要な栄養分が効率よく摂取できる、理想的なメソッド。健康、美容の面でも役立てられるかもしれません。

「塩分摂取量を減らす」だけでは不十分?

この連載の記事一覧はこちら

アメリカ国立衛生研究所における高血圧改善の研究で、臨床試験などでも成果を上げている「DASH食」。DASHは"Dietary Approaches to Stop Hypertension"の略で、直訳すると「高血圧を防ぐための食事方法」です。

食の欧米化に伴い、日本でも高カロリー、高脂肪の食習慣が定着したため、近年、DASH食は日本の医療機関でも取り入れられるようになっています。

高血圧はいまや日本の「国民病」と呼ばれるほど罹患者が増え続けており、高齢者はもとより、若年層のビジネスパーソンも決して他人事ではありません。

高血圧予防と聞いてまず思いつくのは「塩分」ですよね。ただ実際、どのメニューにどれだけの塩分(ナトリウム)が入っているのか、食品パッケージに表示されていたとしても、大抵の人々が見ていないか、そもそも基準値を知らないのが現状でしょう。

ちなみに「日本人の食事摂取基準2015」では、1日の食塩摂取の目安量は、男性(12歳以上)8.0g未満、女性(10歳以上)7.0g未満。しかし国民健康・栄養調査結果(2014年)では、平均量が男性10.9g、女性9.2gと基準値を上回っています。

次ページ効率よく「排出する」食事も併用しよう!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。