ペッパーがベルギーの病院で採用されたワケ

「ナイスなロボット」のポテンシャル

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ベルギー・オステンドにあるAZダミアン病院に受付係として雇われた人型ロボットのペッパーは、この病院で最も新入りだ。

「私の名前はペッパーです。何かお手伝いできることはありますか?」

ペッパーが採用された理由は明快だ。19カ国語を話せ、病院内の地理にも明るく、入院患者への接し方も完璧だからだ。

医療向けの機能強化を担当したベルギー企業ゾラ・ボッツのファブリス・ゴフィン共同CEO(最高経営責任者)は、身長が約120センチのペッパーは「革のジャケットをまとったアーノルド・シュワルツネッガーのようなロボットとは違う」と説明。この「ナイスなロボット」に対する反応は、今のところ、なかなかだと述べている。

安心感を与えて患者を笑顔に

ペッパーは1回の充電で20時間連続の稼働が可能。歩調は時速3キロとゆっくりしているが、相手次第ではさらに緩めることができる。

ペッパーは最初の1週間、産科病棟で勤務した。母親の一人は「ロボットであれば、安心できる人もいるかもしれない」「うちの子は気兼ねせずにペッパーに手をのせていた。赤ちゃんを怖がらせなかったのは、とても大切なことだ」などと感想を語った。

この病院ではペッパーによる応対が、新たな体験につながるかもしれない。患者を笑顔にすることも、その一つだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT