3カ国語が堪能!「銀行員ロボ」成田に出現

外国人旅行者の通貨両替などをサポート

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

成田空港内にある銀行の窓口に、小さなヒト型ロボットがお目見えした。来日した旅行者らを歓迎して通貨の両替などを手伝ってくれる。名前は「NAO(ナオ)」。英語や日本語のほか、中国語での接客が可能だ。

「Pepper(ペッパー)」で知られるソフトバンク子会社の仏アルデバラン・ロボティクス社製。ツヤのある赤と白で彩られたボディーの身長はベットサイドテーブルと同じくらいだ。人の気に入られるようなジェスチャーや目の動きなどをするようにプログラムされている。

奇妙だけど面白い

オーストリア人旅行者のヘルフリート・ブルンナーさんは「こんなロボットはわが国では見慣れないので面白い。とってもいいね」 と上機嫌。グラフィックデザイナーのカリン・クルムファルスさんは「ちょっとだけ奇妙な感じがするわ。単に、人間以外の存在と会話するのに慣れていないからだけど」と、少し当惑気味だ。

大人には奇妙に見えるかもしれない。だが、革新的な技術に日々触れている子供たちからすれば、ナオは、ますます自動化が進む世界の1つの象徴にすぎないようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT