3カ国語が堪能!「銀行員ロボ」成田に出現

外国人旅行者の通貨両替などをサポート

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

成田空港内にある銀行の窓口に、小さなヒト型ロボットがお目見えした。来日した旅行者らを歓迎して通貨の両替などを手伝ってくれる。名前は「NAO(ナオ)」。英語や日本語のほか、中国語での接客が可能だ。

「Pepper(ペッパー)」で知られるソフトバンク子会社の仏アルデバラン・ロボティクス社製。ツヤのある赤と白で彩られたボディーの身長はベットサイドテーブルと同じくらいだ。人の気に入られるようなジェスチャーや目の動きなどをするようにプログラムされている。

奇妙だけど面白い

オーストリア人旅行者のヘルフリート・ブルンナーさんは「こんなロボットはわが国では見慣れないので面白い。とってもいいね」 と上機嫌。グラフィックデザイナーのカリン・クルムファルスさんは「ちょっとだけ奇妙な感じがするわ。単に、人間以外の存在と会話するのに慣れていないからだけど」と、少し当惑気味だ。

大人には奇妙に見えるかもしれない。だが、革新的な技術に日々触れている子供たちからすれば、ナオは、ますます自動化が進む世界の1つの象徴にすぎないようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。