「会議好き」上司は、部下からの人望をなくす

その積極性、「ハタ迷惑」ではないですか?

いったん止まって深呼吸から始めましょう
現場のスタッフは、尊敬できる上司と働くと、やる気や能力が高まります。しかし、尊敬できず、信頼できない上司のもとでは、持っている力の半分も発揮できません。つまり、尊敬される上司の存在こそが、部下の能力発揮に繋がり、他社に打ち勝てる職場づくりに繋がるのです。そこで、『正しい目標管理の進め方』の著者で目標管理の達人である中嶋哲夫氏が、部下から尊敬される優れた課長の条件を説明します。

 

某企業の販売課・宇貝課長と中嶋先輩との話は続きます。中嶋先輩は宇貝課長にもう少しアドバイスしたいようです。販売成績が少し下がっただけでピリピリする宇貝課長は、そうならないためのヒントが欲しいようです。

呼吸が浅くなると…

多くの企業に目標管理を導入・運用し、各社の業績を高めた著者が、イラスト、図表を交え、究極の「目標管理」を解説する(無料の出前勉強会はこちらをご覧ください)

中嶋の問①:困った上司は会議をする!?

宇貝:先輩のお話を聞いていると、私は並の課長。サーフィンボードに乗っているだけ。

中嶋:並の波なら乗りこなせる人並み課長! 大きな波が来たらどうする? たとえば売り上げが下がったとき。

宇貝:部下を集めて「対策会議」ですかね。

中嶋:困ったら会議かね? 部下が懐疑的にならない?

宇貝:さっきから語呂合わせを楽しんでません? ちょっとイラッときます。

中嶋:部下に「知恵を出せ!!」と迫るんだろう。でも気持ちが焦ってる。部下はやり過ごすだろうね。言わば、ウッカリィ課長の「対策懐疑」。ここも語呂を合わせたよ(笑)。

宇貝:からかわないでください(怒り顔)。

次ページ呼吸が浅いと落ち着きを失う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT