憎み合う同居より、思いやりある別居を選べ

二世帯同居の苦労は経験しないとわからない

双方が思いやり、相当な覚悟をもってしても、同居することですれ違うのが多くの義理関係です。この姑さんにあなたの立場になって考える思いやりなどは期待できません。

そして、申し訳ありませんが、同居が無理な原因はあなたにもあります。あなたは家の頭金1000万円をあなたが出し、義理の両親には何も世話になっていないと考えておられます。その1000万円はあなたが稼いだかそれ以外の収入だったとしても、それはあなたのご実家の、今は亡きあなたのご両親の、それまでの幾多の支えがあったからこそのもののはずです。

同時にご夫君が今あるのも、これからあなたと一緒にローンを返済していく能力があるのも、そしてあなたが大切だと思うその人柄も、みな、彼のご両親が愛情をもって教育されたおかげであることを忘れるわけにはいきません。親には何も世話になっていないと考えておられるあなたの態度に、口に出さずともご夫君は、心を痛めておられるはずです。

小姑たちは次男三男と結婚しているからそちらに行けばよい、という考えも、それなら長男であるあなた方夫婦はどうなのかという話になります。むしろ、「大切な夫が同居したがっているので、できればその思いをかなえてあげたいが、かえって関係がこじれる気がする」というのが出発点であるべきではないでしょうか。

感謝を伝える別居をしよう

ここはまず小姑さんたちと話し合い、3家族が日を決めて親を訪問する形を取るのはどうですか?

1週間に1度と決めると、2日に1回は誰かが訪れていることになり、それが月1回でも随分違うはずです。当番以外に訪れるもよし、お惣菜を届けるのもよし、掃除だけを手伝うのもよし、愚痴の聞き手を務めるだけでもよし、やっていく中でお姑さんの理解も求めていくのです。そのうち、皆にもっと良い方法が生み出されていくはずです。

ここはあなたも、多少の心得違いがあったことをご夫君には正直に伝え、好き嫌いだけで同居が嫌だと言っているのではないことを伝えましょう。そのうえで、同居することで予想される更なる感情の対立を避けたいことと、これまで以上に彼の両親には、感謝をこめて接したいと伝え、理解を求めるべきです。この辺のことを率直に、みんなで話し合われることをお勧めします。万一、同居するとしても、誰と同居するかを含めて、それは次の段階ですね。

私の友人は、遠くに住む姑さんが好きな、焼き肉入り巻きずしを、せっせと宅配便で送っています。お寿司を翌日に食べさせるなど、私は考えたこともありませんでしたが、「美味しくて」とても心待ちにしておられるそうなのです。

「スープが冷めない距離」と言われた時代は、今ほど電子レンジが家庭に普及せず、今のような宅配制度もない時代でした。スープなど、温め直すほど美味しくなるものだっていっぱいあります。冷めても全然かまいません。毎度のセリフですが、同居することですり減らす神経を考えれば、別居でいろいろ気遣って差し上げることなど、喜んでできるものです。そちらのほうがずっと簡単で楽なお世話ですよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT