常軌を逸した実母の暴言にどう対処すべきか

「お前はアホで、デブで、死ね!死ね!」が口癖

ストレスの積み重ねによって憎悪を育ててしまったのかも?(写真:rosy / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私たち夫婦は両親の家に住み、そこで娘2人が育ちました。この30年間、私は実母の暴言、暴行に泣いて来ました。
結婚当初は夫の実家を新築し、姑と3人で暮らしましたが、姑の男癖の悪さで家を出たのです。しかしローンは私たちが払い続け、その為にも私は仕事を続けねばならず、子育ては実母に任せました。生活費や光熱費、子供たちの養育費として、毎月5万円を実母に渡していました。
実母は口が悪く、暴言を吐いては私を罵り、暴行を働くことも平気な人でした。それは今も同じで、結婚した娘たちの前でも私に平気で暴言、暴行を繰り返します。「お前はアホで、デブで、死ね!死ね!お前の世話にはならん!出て行け!」というのが口癖です。先日は仕事から帰ると、私の服と下着が切り刻んであり、そして私を見るや、ホウキが折れるくらい殴りかかりました。
両親は共に81歳です。私は両親に恩返しをしたくて、一生懸命尽くしてきました。旅行や観劇、コンサートなどをいつもプレゼントし、両親への感謝は形で表してきましたが、母の暴言暴行にはもう耐えられません。私の両親への最後の感謝は2人を見送ることで、私の義務でもあると思ってきましたが、最近では限界を感じています。むしろ母のためにノイローゼ気味で、苦しんでいます。私はまだまだ耐えるべきでしょうか。
望子(仮名)
次ページパンプキンのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT