フォロワー6万!82歳女性が人気を呼ぶワケ

17万ツイートの中身とは?

ミゾイさんは、こんなに多くの端末を使いこなしている!
当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

今、ツイッター上で老若男女の心に刺さると話題を呼んでいる“つぶやき”がある。

「ともかく自分の人生は自分のもの。自分のために生きるのが当然。そして自分の責任。人が何とかしてくれるものではない」

「若い時に考えない人、年取ればなお考えない」

発言の主は、まもなく82歳を迎えるミゾイキクコさん。高齢にもかかわらず、毎日ツイッターを更新し、これまでにつぶやいた数は驚きの17万ツイート。自身の経験から紡がれる深く重みのあるつぶやきは、6万人を超えるフォロワーを集め、ついには書籍化に至ったほどだ。

どうしてそんな名つぶやきが生まれるのか。その活力の源を探るべく、ミゾイさんを直撃した。

若い人は“昔の日本”に高い関心

「鳩山由紀夫さんが開始したことを機に、私もツイッターを始めました。60歳を過ぎた鳩山さんにできるなら、75歳(当時)の私でもできるだろうって(笑)。初めは全く反応がありませんでした。ところが、戦時中の体験や敗戦後の生活、高齢者問題などをつぶやくようになってから、どんどんフォロワーさんが増えていきましてね」

ツイッターを通じてさまざまな人と交流をするうちに、特に若い人が“昔の日本”について、高い関心を持っていることに気がついたとミゾイさんは振り返る。

「《塩が統制品で貴重なものだった》《衣服を買うのに、切符の割り当てがあり、その点数の範囲で買った》など、私たちの世代では当たり前のことでも、若い人たちからすればそうじゃない。興味として伝わっていくさまは感慨深かったです。 そういった思い出以外も、私のつぶやきは理想じゃなくて、すべて実体験から感じたことですから。もちろん、中にはろくでもない揚げ足を取る人もいますが、そういうおバカさんは、交信するだけ時間の無駄なので“ブロック”します(笑)」

次ページ「年齢を重ねた人こそつぶやいてほしい」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。