憎み合う同居より、思いやりある別居を選べ

二世帯同居の苦労は経験しないとわからない

自分本位な姑が、会うたびにくねくねと同居を迫ってきて困っています(写真:cba / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

77歳の姑と75歳の舅、既婚の小姑が2人いる長男の嫁です。義理の両親は夫婦仲が悪く、姑は息子である私の夫を精神的な頼りに生きてきました。新婚当時、義理の両親からの干渉が酷く、夫の実家から徒歩5分の新居から車で20分の距離に私が頭金1000万円を出してマイホームを建てて離れました。
子育ても経済的にも、親にはいっさい世話にならずに今まできました。
ところが最近、姑から我が家での同居の申し出がありました。家賃や生活費を入れるからお互いに経済的に楽になり、義父が子どもを見るので私が働きやすくなると言います。さらに、しょっちゅう帰ってくる疎ましい娘も、嫁と同居すれば帰ってこないと思う、大嫌いな舅と二人きりの生活に耐えられない、もう家事をしたくない、などと言うのです。
高齢ですから放っておくわけにもいかず、夫は長男の自分がみるほかないと言いますが、私は、次男三男と結婚している小姑たちのところへ行けばいいと思うのです。子どもは小学生2人なので子守もいらず、このまま別居のほうがメリットはたくさんあると思います。一度同居が始まると、気まずくなっても高齢の2人を放り出すわけにはいきません(私の両親は他界しています)。
結婚してから嫌がらせの数々をされてきた私としては、姑に同居をあきらめてほしいのですが、どうすればいいですか。死ぬのを待つしかないですか。会うたびにくねくねと同居を迫ってきて困っています。
匿名希望

同居した者でないとその大変さは理解できない

この連載の一覧はこちら

私はどんなに大きな屋敷であろうと、親と息子夫婦の同居は、基本的に避けるべきだと考えている者です。普通の家屋ででも表面的には親もお嫁さんも少々の我慢でうまくいっている家庭もあるようですが、別居から始まっての二世帯同居はさらに避けるべきだという考えです。

次ページ「おしん」が姑世代になった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT