成熟社会でも食える4つのエリア

藤原和博(その6)

渡邉:宗教団体も営業活動が大事だということですか。

藤原:もちろん。だから、宗教団体に課税してきちっと税金を払ってもらった上で、徹底的に事業をして、もっと従業員を抱えてもらうことが大事。成熟社会では、問題が複雑化して多様化するうえ、変化が激しくなる。それにつれて、やっぱり個人の生きにくさも増すから、宗教が大切になってくる。

たとえば、大津市のいじめの問題なんて学校の問題ではないと思う。ああいう問題は、本当は宗教家が間に入って対応したほうがいい。いじめも自殺も学校が原因では起こらない。あれは社会問題なんですよ。

渡邉:ただし、普通にサラリーマンをやっている人が宗教団体に転職してしまうと、世間からは「この人は社会から完全にドロップアウトした」とみなされてしまいますよね。とくに、上の世代ほど、親戚一同からどう見られるかをすごく気にします。だから、若い人が宗教団体で食っていくのが当たり前になるには、20年くらいかかりそうな気がします。

藤原:確かにそうかもしれない。でも今後は、次男を寺に出すような家庭も少しは出てくるんじゃないかな。昔であれば、長男に相続する時、次男以下は出家させたわけでしょ。兄弟同士の争いを避けるために。それに近いことが、これから復活するんじゃないかな。

渡邉:それが実現すれば、ものすごく多様化した社会ですね。

藤原:すでにそういう流れは大きなうねりになっている。とにかく、八百万の占いから幸運を呼ぶストーン、アニマルセラピーから電話相談と、世はセラピーブームでしょ。

渡邉:ただ、オウム真理教の事件があったせいか、宗教にはやはり抵抗がありますよね。

藤原:そうだね。でも、宗教団体から生まれる「お布施の経済」は絶対無視できない。これを抜きにして、これからの経済を語っても意味がないと思うな。

(撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT