成熟社会でも食える4つのエリア

藤原和博(その6)

——教育、介護の他に注目している分野はありますか?

藤原:本当は、宗教がもっとしっかりしないとダメなんですよ。だって、これからは間違いなく宗教の時代になりますから。それなのに、日本の仏教は死んだ後のことばかりに力を入れてしまっている。

江戸時代くらいまでは、仏教が生活のあらゆる面で人々を支えていたわけじゃないですか。昔の宗教家、たとえば日蓮は土木工事まで指導していた。つまり、河に橋を架けるといった作業の現場監督もやっていたわけですよ。カトリックでは今も、そうした活動を行っている。

しかも江戸期にはお寺が、過去帳(亡くなった人の戒名、俗名、死亡年月日、享年などを記した帳簿)を一つのツールにして、戸籍を作っていたわけでしょ。そういうふうに生活全般に馴染みが深かったからこそ、明治以前には、寺子屋が全国に4万数千もあったと言われている。今のコンビニの数に匹敵するほどの寺子屋があったことが、日本人の識字率の高さを保証していた。

それなのに、仏教はどんどん後退していって、死んだ後のことしか扱わなくなってしまった。なぜなら、そのほうが儲かるから。今は、ちょっと人生に行き詰ったり、悩んだりしてもお寺に行かないでしょ。

宗教団体による悩み相談サービス

渡邉:キリスト教は行きますよね。

藤原:そう。でも面白いのは、日本ではキリスト教が全然広がらない。イエズス会のフランシスコ・ザビエルを始めとして、すごく優秀な人たちが布教に来ているのに、未だに人口の1%くらいしかキリスト教徒はいないでしょ。これはキリスト教会にとっては屈辱だと思うよ。

お隣の韓国は、すでにキリスト教化されていて、エリートの多くはキリスト教を信じている。さらに言えば、経済危機の後にIMF(国際通貨基金)による介入を受け入れてから、韓国は完全にアメリカの51番目の州という姿に近いと言う人もいますね。

だから日本は、ある意味、特殊。米軍基地をこれだけ受け入れながら、絶対アメリカ化しないというか。そこはすごいと思う。

そういう意味で、もっと宗教サービスが健全な産業として出てこないといけないんですよ。本当はまともな新興宗教が、「500円であなたの悩みを聞きます」というサービスを街角で提供しないといけない。その機能が弱いからこそ、日本では自殺が多いんだと思う。渡邉さんもそう思わない?

渡邉:そう思います。スピリチュアルが流行っているのも、きっとその辺と関係がありますよね。

藤原:ただ、スピリチュアルはエンタテインメントになってしまっているよね。そうではなくて、真剣に話を聞いて癒してくれるという機能が必要。「●●セラピー」というのでもいいんだけど。

次ページ宗教法人に課税せよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT