頼られるリーダーは「9割冷酷、1割優しい」

知っておきたい「叱り方」と「褒め方」

冷酷さも同じで、仕事のための9割の冷酷さを貫く君主(上司)は、珍しく見せる優しさが部下の大きな印象に残ります。きちんと叱る、先を見据えて動き甘えを許さないという2つの冷酷さを使いこなす上司の部署は、トラブルが少なく、問題を事前に解決し、みんなが緊張感を持って働く良い職場とも言えます。

結果として、非人道的とまで言われたハンニバルのように、部下が彼に信頼を寄せ、成果を挙げることができる職場とリーダーに感謝することになります。

1割の優しさと、巧みな目標設定とは

『最強のリーダー育成書 君主論』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

この記事の最後に、1割の優しさとして「褒めること」、そして君主の教育法として、目標を大きくしていくことをお伝えしておきます。褒めるとは、文字通り部下を褒めることですが、注意点は必ず「正しい成果を挙げた者」を褒めることです。

上司が褒める人物像が、他の部下の目標になり、褒められた人物に似た行動をする人が増えていくからです。不正行為で成果を出したものを評価すれば、そのような行為に手を染める部下が、社内に増えていく土壌を作ることになります。

新人教育という点で、最初は必ず上司に「権威」があります。なぜなら、新人と上司では、知識量と経験値が大きく異なるからです。そのため、新人は教育を受けている期間は、常に上司とのギャップを感じて「健全な不安」を抱えているはずです。

仕事ができるようになるには、上司や先輩社員のような「知識と経験が必要だ」と感じることが、新人の心の中で謙虚さや、上司への権威を生み出しているとも言えます。

しかしその不安(とあなたへの権威)は、時間が経つごとに減少していきます。新人も仕事の知識を増やし、経験を積んでいくからです。このような時、新人からギャップによる権威が消えた上司は、どんなことをすべきか。一番カンタンなのは、新人の目標をレベルアップさせていくことです。

部下への教育の成果が出てくる時期、経験を積んで実力が育ってきた時期には、健全な形で目標レベルを上げることが望ましいのです(ただしやる気を失うほど乖離してはいけない)。部下が育ってきたことを認めながらも、実力と目標はつねに健全なギャップを保っておく。ある種の不安を与えるのです。これは部下の成長を促すと同時に、上司が健全な形で支配力を維持する(ある意味で冷徹な)マキアヴェリ流の方法なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。