過去最高の就活「売り手市場」は来年も続く?

業績悪化でも企業が採用を絞らないワケ

過去最高だった昨年の就職状況、売り手市場は今後も続くのか?(撮影:尾形文繁)

過去最高の就職率。この流れはどこまで続くのか。

5月19日、文部科学省と厚生労働省が共同で調査する「大学等卒業者の就職状況調査」が発表された。2016年3月に卒業した大学生(学部)の4月1日時点の就職率(就職者数÷就職希望者数)は、前年比0.6ポイント増の97.3%。昨年に引き続き、1996年の調査開始以降の最高値を記録した。97%を突破したのも初めてのことだ。

さらに、卒業者全体に占める就職者の割合も72.0%と同じく1.7ポイント上昇した。学生にとっての就職環境は、かなり良好な「売り手市場」だったと言える。

リーマンショックを乗り切り、採用は回復

この流れは今年の就職戦線でも続いている。現在、2017年3月卒生の就職活動がヤマ場を迎えている。リクルートワークス研究所が4月21日に発表した大卒求人倍率(求人総数を民間企業就職希望者数で割った値)は、1.74倍と昨年の1.73倍からわずかに上昇し、5年連続の上昇となった。求人総数も前年比で1.5万人増加している。

同研究所の戸田淳仁主任研究員は「昨年とほとんど変わらないが、水準としては高い。引き続き企業の採用意欲はある」と語る。企業の旺盛な採用意欲は続いているようだ。

その背景として、ここ数年、リーマンショックの影響から抜け出し、円安やアベノミクス効果で業績が好転、意欲的な設備投資計画や出店計画を打ち出す企業が増えた。それに合わせて、採用を強化するケースが増えていることが挙げられる。

次ページ足元の逆風はどう影響するのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT