ランボルギーニの運転はどれだけ難しいのか

運転教室で体感した600馬力超マシンの実力

イタリア・リビーニョで開催されたイベントをお伝えする
スーパーカーが持つ過激なパフォーマンスをフルで堪能したいと願うなら、ランボルギーニが主催する「ウィンター・アカデミア」を受講してみるのはいかがだろう。600psを発揮する猛牛を自在に操り、ドリフトさせることだって可能だ。イタリア・リビーニョで開催されたイベントの模様を前後編に分けてお伝えする。今回はその後編。

 

前編:1日60万円!ランボルギーニ運転教室の正体

ランボルギーニがズラリ16台

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イタリア・リビーニョでのウィンター・アカデミアは、街外れにあるアイスドライビング・スクールのコースを用いて開催される。アカデミアを運営するランボルギーニ・スクアドラコルセ(彼らはアカデミアのほかにウラカンによるワンメイクレースやGT3カーでのレース活動も行う、ランボルギーニのモータースポーツ部門でもある)が用意したのはウラカンLP610-4、アヴェンタドールLP700-4、アヴェンタドールLP750-4 SVの3モデル、計16台。

いっぽうで参加者は14名。「ということは、ひとり1台以上? なんてゼイタクな!」と思われるかもしれないが、インストラクターはピーターを含めて全部で7名。しかも参加者がドライブするときは必ずインストラクターが同乗しなければいけないので、実質的に稼働するのは16台中の6台のみ。

というわけでふたりないし3人で1台のランボルギーニをシェアする格好となる。とはいえ、この種のドライビングスクールにしては、待ち時間はかなり少ないほうだ。

次ページどのようなレッスン内容なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT