フェラーリの「独立」は何を意味しているのか

フィアットへ下克上、自由にはリスクが伴う

2016年1月にフェラーリは長年傘下に入っていたフィアット(現FCA)グループからの独立、上場を完了

流麗なデザイン、高い走行性能、官能的なサウンド――。モータースポーツの最高峰、F1での活躍も相まって、クルマ好きでなくても、誰もが知り、憧れるフェラーリ。イタリア・モデナという片田舎を発祥の地とするキング・オブ・スーパーカーブランドが、約87年の歴史において重要な局面を迎えている。

フィアット傘下から独立したフェラーリ

1月3日、フェラーリはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)からの分離・独立を完了した。10%の株式上場を目的として昨年10月にニューヨーク証券取引所(NYSE)へ、同12月にはミラノ証券取引所へも上場。FCAは残る10%をフェラーリ家に、80%をフィアットグループの株主へ割り当てた。1969年にフィアットの傘下に入って約47年。フェラーリは再び独立企業となった。

2015年10月21日のNYSEで行われたフェラーリの新規株式公開(IPO)。初値は52ドルの公開価格を上回り、初日の時価総額は日本円にして1兆2500億円あまりをつけた。相場が違うものの、その1年前にFCAが2014年10月にNYSEへ上場した直後の時価総額は約1兆5000億円。フェラーリは簿記上6000億円程度の企業価値という、自動車業界の中ではまさに中小企業ながら、そのブランドの「のれん」が持つ含み資産ははるかに事業規模が大きい自動車メーカーにひけを取らない。

ニューヨーク証券取引所での上場時のようす

株価収益率(PER)30倍強という数字を見ても、それはまさに自動車メーカーというよりもアパレルや、宝飾品、高級時計ブランドの範疇に入る。まさにモデナのスーパーカーブランドが広く一般から評価されたといえる。

このフェラーリの上場と独立は、いったい何を意味するのだろうか。それを読み解くためにはまず、2人の男の闘いと企業としてのフェラーリの歴史を理解しておく必要がある。

次ページ23年間、フェラーリに尽くしてきた男が去った日
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT