フェラーリの「独立」は何を意味しているのか

フィアットへ下克上、自由にはリスクが伴う

2016年1月にフェラーリは長年傘下に入っていたフィアット(現FCA)グループからの独立、上場を完了

流麗なデザイン、高い走行性能、官能的なサウンド――。モータースポーツの最高峰、F1での活躍も相まって、クルマ好きでなくても、誰もが知り、憧れるフェラーリ。イタリア・モデナという片田舎を発祥の地とするキング・オブ・スーパーカーブランドが、約87年の歴史において重要な局面を迎えている。

フィアット傘下から独立したフェラーリ

1月3日、フェラーリはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)からの分離・独立を完了した。10%の株式上場を目的として昨年10月にニューヨーク証券取引所(NYSE)へ、同12月にはミラノ証券取引所へも上場。FCAは残る10%をフェラーリ家に、80%をフィアットグループの株主へ割り当てた。1969年にフィアットの傘下に入って約47年。フェラーリは再び独立企業となった。

2015年10月21日のNYSEで行われたフェラーリの新規株式公開(IPO)。初値は52ドルの公開価格を上回り、初日の時価総額は日本円にして1兆2500億円あまりをつけた。相場が違うものの、その1年前にFCAが2014年10月にNYSEへ上場した直後の時価総額は約1兆5000億円。フェラーリは簿記上6000億円程度の企業価値という、自動車業界の中ではまさに中小企業ながら、そのブランドの「のれん」が持つ含み資産ははるかに事業規模が大きい自動車メーカーにひけを取らない。

ニューヨーク証券取引所での上場時のようす

株価収益率(PER)30倍強という数字を見ても、それはまさに自動車メーカーというよりもアパレルや、宝飾品、高級時計ブランドの範疇に入る。まさにモデナのスーパーカーブランドが広く一般から評価されたといえる。

このフェラーリの上場と独立は、いったい何を意味するのだろうか。それを読み解くためにはまず、2人の男の闘いと企業としてのフェラーリの歴史を理解しておく必要がある。

次ページ23年間、フェラーリに尽くしてきた男が去った日
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。