ランボルギーニの運転はどれだけ難しいのか

運転教室で体感した600馬力超マシンの実力

2日間におよぶカリキュラムは全長1kmのハンドリングコースを周回するのがメインで、そのほかにパイロンを使ったスラロームコース、定常円旋回コース、後述する“ペンデュラム”コース、そして余興的な意味合いのジムカーナなどが合間合間に実施される。いずれも、まずはインストラクターによるデモンストレーションを助手席から見学した後、インストラクターと受講生が“攻守”入れ替えてレッスンを行うというスタイルで進行していく。

 

インストラクターはレースに出場している腕利きばかり

インストラクターは20代前半の若者が中心だが、腕はピカイチだ

インストラクターは20代前半の若者が中心で、そのほとんどがランボルギーニのワンメイクレースかGT3レースに出場している腕利きばかり。

ただし、その全員が上品で、受講生への対応も実にていねい。さすが世界中のミリオネアばかりを相手にするランボルギーニ・アカデミアのインストラクターだと、感心することしきりだった。

そして彼らの説明する内容も首尾一貫していて、基本はピーターと同じように「小さなアクション」による運転を習得させることにある。ただし、こう聞くといかにもこぢんまりとした、スピードの遅いドライビングを想像されるかもしれないが、それは大きな間違い。なぜなら、ていねいに運転すれば限界領域も上がり、それにつれてペースも速くなるからだ。

実際、インストラクターから「さあ、アクセルを踏んで! もっと、もっと!!」と言われることも少なくない。それでも、慣れないうちはそこまでのスピード(最終的にはストレートエンドで80km/hほどに達した)にはなかなか到達しないが、小さなアクションで正確にクルマをコントロールできるようになると自然と自信がついてきて、スピードを出しても怖くなくなってくる。それどころか、クルマを思うままに動かせる喜びで、いつまでも走り続けたくなってしまうのだ。

次ページ「ペンデュラム」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT