「催眠商法」は一体どのように生まれたのか

日本における自己啓発セミナーの源流

倒産騒ぎとあわさって同社に債権者が集まり、債権者会議は大混乱した。同社の安売り販売はメーカーとのつながりゆえではなく、単に原価割れ販売にすぎないと告白した。また、赤字は44億8000万円で、負債額は40億5800万円に増え発表された。1971年時点で、戦後最大の連鎖倒産事件となった。

新製品普及会と氏その後

その後も、新製品普及会の元社員らが、同様の商売を始めていった。公民館などは、SF商法関連業者への貸出を禁止するようになったものの、バスを活用し、その内部で販売を続けるところもあった。

しかし、驚くべきは、島津幸一氏の華麗なる復活だった。氏はAPOジャパンに入社し、副社長になった。APOは、会員らを募り、自動車エンジンの排気ガスを減少させる商品を販売し、それを広めていた。「自動車エンジンの排気ガスを減少させる商品」からは想像もつかないが、同社はマルチ商法の元祖と呼ぶ人もいる。

APOで氏は教育担当として販売員を育て上げた。潜在能力に気づき、活用すれば、売れないものはない。こうした教育は、新製品普及会から繰り返された内容だった。同社は独禁法違反に問われ倒産する。そのとき、島津氏は、米国に渡った。あのジョセフ・マーフィー博士に師事するためだった。

ジョセフ・マーフィー博士について

もしあなたが書店に行くのが好きであれば、あるいは自己啓発書の類に興味があるとすれば、『マーフィー眠りながら成功する』『マーフィー100の成功法則』『マーフィー無限の力を引き出す潜在意識活用法』といった書籍を見たことがあるかもしれない。

いわゆる潜在意識の活用による成功哲学の祖、といってよい。固有名詞は省くものの、日本でも成功者のうち、マーフィー博士の書籍を愛読していたと述べる人は多い。超心理学・精神法則に関する権威者とされ、今でも熱心な信奉者がいる。

ところで私も、マーフィー博士が開発したとされる音源を多数持っていた(探せば自宅のどこかにあるだろう)。総額は数十万円分にのぼる。私は「この手の教材に惹かれる人たちを研究するために入手した」と書きたい衝動に駆られる。しかし、実際は私も「濡れ手に粟で成功したい」と思ったにすぎない。だから私はこの手の教材を語る資格があると信じている。が、ここでは、私にはあわなかった、と述べるに留める。

次ページ日本で初めて潜在能力をセミナーを開く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング