キンドルでさえも、ガラパゴスの罠にはまる

なぜ日本は「電子書籍の墓場」なのか(下)

続いて、(6)のフォーマットの問題と(7)のDRMの問題も、電子出版の進展を大きく妨げている。

すでに出版関係者は衆知と思うが、日本ではこれまで日本語という独特な言語の特性から、何種類もの独自フォーマットが作られてきた。そのため、電子書籍化するとなると、これらのフォーマットにいちいち適応しなければならなかった。

これは、考えてみればコストも手間もかかる、バカバカしい作業だ。

日本独自のフォーマットの中で主流のポジションを得たのは、ボイジャージャパンの「ドットブック」とシャープの「XMDF」だった。だから、これまでの日本の電子書籍は、ほとんどこのどちらかのフォーマットでつくられてきた。ただし、どちらのフォーマットもオープンではないしライセンス料もかかる。しかもXMDFを作ったシャープは、いまや企業存続も危ぶまれている状態だ。

こうなると、今後は、事実上の国際標準規格の「EPUB」に一本化されていくだろう。いまさら、日本独自のフォーマットにこだわる理由はなくなってしまったからだ。出版デジタル機構も、当初は「EPUB」での制作を採用していなかったが、楽天の「コボ」が発売されたあたりから、慌てて「EPUB」での制作を追加している。

次ページDRMという大問題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。