キンドルでさえも、ガラパゴスの罠にはまる

なぜ日本は「電子書籍の墓場」なのか(下)

続いて、(6)のフォーマットの問題と(7)のDRMの問題も、電子出版の進展を大きく妨げている。

すでに出版関係者は衆知と思うが、日本ではこれまで日本語という独特な言語の特性から、何種類もの独自フォーマットが作られてきた。そのため、電子書籍化するとなると、これらのフォーマットにいちいち適応しなければならなかった。

これは、考えてみればコストも手間もかかる、バカバカしい作業だ。

日本独自のフォーマットの中で主流のポジションを得たのは、ボイジャージャパンの「ドットブック」とシャープの「XMDF」だった。だから、これまでの日本の電子書籍は、ほとんどこのどちらかのフォーマットでつくられてきた。ただし、どちらのフォーマットもオープンではないしライセンス料もかかる。しかもXMDFを作ったシャープは、いまや企業存続も危ぶまれている状態だ。

こうなると、今後は、事実上の国際標準規格の「EPUB」に一本化されていくだろう。いまさら、日本独自のフォーマットにこだわる理由はなくなってしまったからだ。出版デジタル機構も、当初は「EPUB」での制作を採用していなかったが、楽天の「コボ」が発売されたあたりから、慌てて「EPUB」での制作を追加している。

次ページDRMという大問題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング