キンドルでさえも、ガラパゴスの罠にはまる

なぜ日本は「電子書籍の墓場」なのか(下)

以上が、日本で電子出版が進展しない理由だ。日本が「電子書籍の墓場」である理由でもある。これが解決しないかぎり、日本の電子出版は本格的に立ち上がらないだろう。

では、この問題を誰かが積極的に解決しようとしているだろうか?

私が見たところ、その兆しは今のところない。しかも、日本の電子出版市場は、インプレスR&Dの調査報告書によると、すでに成長が止まっているのだ。

2011年度の電子出版の市場規模は629億円(推定値)。2010年度が650億円だったので、3.2%のマイナス成長である。

それにしても不思議なのは、こんな状況にもかかわらず、いまだに電子出版市場に莫大な額の投資がなされていることだ。電機メーカーも、印刷会社も、出版社も、書店も、これまで電子出版で大きなリターンを得たところはない。

「電子出版元年」と言われた2010年から今日まで、私はずっと取材を続けてきたが、成功例は皆無といっていい。前回記事で紹介したように、出版社の経営者はみな頭を抱えている。

そこで最後に言いたい。もし成功例があるなら、どうか教えてほしい。私が本当に書きたいのは「電子出版成功物語」なのだから。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング