「日経平均は1万6845円を超えない」は本当か

「幻のSQ」が出たら「相場はヤバイ」?

13日の日経平均は高く始まった後、392円も下げた。「幻のSQ」を知っておくと、相場に強くなれそうだ(写真:AP/アフロ)

5月13日の金曜日の日本株について、「不思議な感覚」を持った読者も多かったのではないだろうか。というのも、日経平均株価の寄り付きは1万6804円と大幅なプラスでスタート。だが、終わってみると前日比234円安の1万6412円と、5日ぶりの反落で取引を終えた。寄り付きから見たら、なんと392円も安く引けたことになる。

一部の市場関係者の説明はこうだ。「寄付きの段階でSQ値算出に絡んだ売買によって、大幅な買い越しとなり、日経平均が高く寄り付いたのが一つの原因」。実際、5月のSQ値は1万6845円で、前出の13日の日経平均の高値1万6804円を上回る水準となった。

13日の取引時間中、日経平均はこのSQ値を一度も上回ることができなかったわけだが、このように実現しなかったSQ値のことを、業界では「幻のSQ値」という。早い話、相場関係者によれば、幻のSQが出たことが、13日の相場が下がった理由の一つだ、というわけである。

今回のコラムで言いたいのは、この「幻のSQ値」1万6845円がそこそこ重要であるということ、そしてその「賞味期限」は、ほぼ2週間程度だ、ということだ。どういうことか。追ってご説明しよう。

そもそもSQとは何か?

そもそも「SQ」とは何だろうか。これは「Special Quotation」の頭文字を取ったもので、「特別清算指数」と呼ばれる。先物やオプションなど、「区切りのある取引」(例えば1か月などの決済する期間。先物とオプション取引の違いは、日本取引所のHPなどがわかりやすい)で用いられるものだ。

先物のSQは3か月ごと、オプションのSQは毎月算出されている(両方とも第2金曜日)のだが、そのうち先物とオプション取引の両方の精算がある3、6、9、12月に算出されるものは「メジャーSQ」と呼ばれる。それ以外に算出されるものは「ミニSQ(マイナーSQ)」という。今回の5月はマイナーSQだったわけだ。

ではSQは、何のためにあるのだろうか。

通常、例えば先物取引などは、当初に買った「先物価格」と「現在の先物価格」との差額を、区切られた期日までに取引をして、利益や損失を確定したりする。また、やはり期日までに「ロールオーバー」をする取引などもある(決済をしたうえで、買いや売りの持ち高を、次期に持ち越すこと)。

SQが使われるのは、それ以外についてだ。つまり、取引の最終日までに決済されなかった先物やオプションの建玉については、SQ算出日に強制的に決済されるのだが、そのために、このSQが使われるわけだ。

次ページ「幻のSQ」が出ると、なぜ相場は節目と言われるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT