貸借対照表から企業の安全性を分析しよう 会計知識の初歩【case study日産自動車】

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

指標と合わせて「優先順位」も知っておこう

「自己資本比率」「流動比率」「当座比率」「手元流動性」の4つの指標について説明してきましたが、さらに、企業の安全性を見るうえでの優先順位を知っておくことが大切です。

最も重要なのは手元流動性

 

第一に優先すべきなのは「手元流動性」です。しつこいほど繰り返しますが、企業は流動負債を返済できなくなると倒産します。その返済のためのお金がいくらあるのかを端的に表しているのが「手元流動性」なのです。

景気が急速に悪化した場合や経営上大きな問題が起こった場合、自社でコントロールできる資金(=手元流動性)をいくら確保できるかが会社の命運を握ります。ですから、この指標が最も重要なのです。

ここで一定以上の手元流動性が確保できているとわかった場合、「当座比率」→「流動比率」→「自己資本比率」の順に安全性を確認していきます。短期的な安全性を確保することが第一ですからね。

このように、貸借対照表から企業の安全性を分析するためにチェックすべき指標と合わせて、その優先順位にも注意する必要があるのです。
 

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT