国民負担で延命している東京電力(上)

政府はなぜ破綻させないのか

けっして破綻することなどないと考えられていた東京電力(以下、東電)ですが、東日本大震災が起こった平成23(2011)年3月11日を境に、状況は一変してしまいました。

福島第一原発事故により、現時点で10兆円規模の賠償が必要との見通しがあるうえ、営業利益も赤字が続き、非常に厳しい状態に陥っているのです。今回は東電の財務内容を分析しながら、同社の現況だけでなく、政府や銀行の思惑についても読み解いていきたいと思います。

あまりに見事な震災後の財務対応

 まず、注目すべきは、震災発生から20日後に出された、東電の平成23年3月期の貸借対照表(バランスシート)です。これを見ると、驚くべきことがわかります(電力会社の財務諸表の作り方は、一般企業のものと少し違います。資産の部では、下が流動資産で、上が固定資産になっていることに注意してください)。

「流動資産」の中にある「現金及び預金」を見ますと、震災前である平成22年3月末は1801億円とありますが、震災直後の平成23年3月末には10倍以上の2兆2482億円まで急増しているのです。

次ページ震災直後の決算では現預金が10倍以上に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。