勉強嫌いな子は、親の劣等感が伝染している

親自身が気づくべき「マイナスの再生産」

筆者が過去見てきた限り、こうしたものは一種のトラウマとして、その後ずっと根強く残ります。勉強が嫌いな子は、大方このような経験をどこかでしています。

その後、勉強ができるようにもならず、褒められることもなく現在に至るという子は非常に多いのです。ですから、こうした“トラウマ”があると、励ましたり根性論を言ってみたりといった表面的な声かけや、いわゆる本質論などを説いたところで、何も変わりません。ときに悪化することすらあります。

「マイナスの再生産」に陥っていないか?

では、いったいどうすればいいのでしょうか。子どもの勉強に対するトラウマ、つまり、できないというイメージや勉強が嫌いと言う印象をなくす必要があるのですが、実は、その前にある事実を知らなくてはなりません。

これまで多くの保護者面談を実施してきましたが、そこで見つけた、勉強を嫌いな子どもを持つ保護者に共通する事実があります。それは、「親の勉強に対するトラウマ」です。これがあると、子どもも勉強に対して否定的になっていることが多いのです。

「親が勉強に対してマイナスイメージを持っている」のは、かつて自身が同じように勉強に対してネガティブなイメージを持つ親に育てられたからであることも少なくないようです。

日ごろはそうした過去を忘れているものの、無意識のうちに自分も親に言われたように、自分の子どもにも同じことをやったり、言ったりしている、 ということが非常によくあるのです。

たとえば、学校の先生の悪口や学校に対する批判だったり、「今の教育は詰め込みでよくない」「このような勉強をやっても将来役に立たない」といった教育全般へのネガティブワードを言いがちです。また、「勉強はつらいと思うけど頑張りなさい。皆やっているんだから」といった根拠のないお説教や、「勉強しなさい!」など言われたらやりたくなくなる言葉を発したりしています。

このような状態を、「マイナスの再生産」と私は呼んでいます。(もちろん世の中には逆の、プラスの再生産もありますが)自分がされたことを、同じようにまた次の世代にしているということです。ときに「マイナスの“拡大”再生産」という場合すらあります。

(もちろん、親が勉強好きであった、つまりネガティブ・ワードを聞かされていないにも関わらず、子どもが勉強嫌いになるケースもあります。その場合の大きな原因として、「自分の時はしっかりやったのに、なぜうちの子はやらないのだ!」と自分と同じでないことにイライラを募らせ、勉強への自然の流れを作らずに、強制的にやらせてしまった場合があります。そうすると、どこかで転換させない以上、そこから子々孫々、勉強に対するマイナスイメージが再生産される可能性があります。)

簡単に言えば、親自身の意識の中に「勉強=難しい、面倒、つまらない、嫌なこと、強制されるもの」といったものが深く入り込んでおり、知らず知らずのうちに「ネガティブ・ワード」「ネガティブ・アクション」 として表に出てきているということです。これはどこかで断ち切らないといけません。

次ページ7歳から最近まで続いた私のトラウマ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。