アマゾン「ビジネス・経済書」200冊ランキング

1位はファイナンス理論の入門本

ゴールデンウィーク中にもっとも売れたビジネス・経済書は?(写真: Fast&Slow / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月1~7日にアマゾンで売れた書籍(予約を含む)のトップ200冊ランキングをみていこう。

1位は『あれか、これか』。サブタイトルにあるように、ファイナンス理論の入門本だ。著者の野口真人氏はソフトバンクとイー・アクセスの合併比率の算定やカルチャーコンビニエンスクラブのTOB価格の算定などを行った実績があり、企業価値評価の第一人者といえる。そんな著者が、難解なファイナンス理論をわかりやすく解説する。

2位には神田昌典氏と若山陽一氏の対論『未来から選ばれる働き方』がランクインした。「2024年までに会社は一度、死ぬ」ということを前提に、働き方はどう変わるのか、飛躍できる人と組織の条件とは何か、という深いテーマについて議論を深めている。

3位は『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』。著者がエッセンスをまとめた「TDLを抜いたUSJ、いったい何を変えたのか」は東洋経済オンラインで読める。ぜひ参考にしてほしい。

次ページ以降、198位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT