アマゾン「ビジネス・経済書」200冊ランキング

1位はファイナンス理論の入門本

ゴールデンウィーク中にもっとも売れたビジネス・経済書は?(写真: Fast&Slow / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月1~7日にアマゾンで売れた書籍(予約を含む)のトップ200冊ランキングをみていこう。

1位は『あれか、これか』。サブタイトルにあるように、ファイナンス理論の入門本だ。著者の野口真人氏はソフトバンクとイー・アクセスの合併比率の算定やカルチャーコンビニエンスクラブのTOB価格の算定などを行った実績があり、企業価値評価の第一人者といえる。そんな著者が、難解なファイナンス理論をわかりやすく解説する。

2位には神田昌典氏と若山陽一氏の対論『未来から選ばれる働き方』がランクインした。「2024年までに会社は一度、死ぬ」ということを前提に、働き方はどう変わるのか、飛躍できる人と組織の条件とは何か、という深いテーマについて議論を深めている。

3位は『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』。著者がエッセンスをまとめた「TDLを抜いたUSJ、いったい何を変えたのか」は東洋経済オンラインで読める。ぜひ参考にしてほしい。

次ページ以降、198位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~49位は?
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。