アマゾン「人気ビジネス書」200冊ランキング

「最強のコピーライティングバイブル」が首位

いま売れ筋のビジネス・経済書は?(写真:Graphs / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。4月17~23日にアマゾンで売れた書籍(予約を含む)のトップ200冊ランキングをみていこう。

トップに輝いたのは、先週に引き続き『最強のコピーライティングバイブル』。これは既刊のベストセラー3部作4冊を1冊にまとめたもの。サントリー、ソフトバンク、再春館製薬所など、マーケティングに成功をした日本国内の100事例をコンパクトに解説している。

2位は『あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』。4つのノーベル賞理論(MM理論、MPT、CAPM、B-S式)と「リスク・お金・価値」の本質に迫る本格的なファイナンス理論入門書だ。

3位には神田昌典氏と若山陽一氏の対論『未来から選ばれる働き方』がランクインした。「2024年までに会社は一度、死ぬ」ということを前提に、働き方はどう変わるのか、飛躍できる人と組織の条件とは何か、という深いテーマについて議論を深めている。

次ページ以降、196位までのランキングを掲載する。ビジネス・経済書を選ぶ上での参考にしてほしい。

次ページ1~49位はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。