最新版!「人気ビジネス書」200冊ランキング

「最強のコピーライティングバイブル」が首位

売れ筋のビジネス書、経済書は?トップ200冊を一挙掲載!(写真:foly / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。4月10~16日にアマゾンで売れた書籍(予約を含む)のトップ200冊ランキングをみていこう。

トップに輝いたのは、4月15日発売の『最強のコピーライティングバイブル』。これは既刊のベストセラー3部作4冊を1冊にまとめたもの。サントリー、ソフトバンク、再春館製薬所など、マーケティングに成功をした日本国内の100事例をコンパクトに解説している。

前週に引き続きホイチョイ・プロダクションズの『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』が2位につけた。電通営業マン36人への取材から抽出した「どんな人でも努力しないで必ず成功する気くばり」のポイントを36個厳選して一冊にまとめたものだ。

3位は『デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方』。2人の若きミリオネアが考えるお金の新常識という触れ込み。貯金をせずに今あるお金で億万長者になる方法を明かす。

次ページ以降、197位までのランキングを掲載する。ビジネス・経済書を選ぶ上での参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。