最新版!「人気ビジネス書」200冊ランキング

「最強のコピーライティングバイブル」が首位

売れ筋のビジネス書、経済書は?トップ200冊を一挙掲載!(写真:foly / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。4月10~16日にアマゾンで売れた書籍(予約を含む)のトップ200冊ランキングをみていこう。

トップに輝いたのは、4月15日発売の『最強のコピーライティングバイブル』。これは既刊のベストセラー3部作4冊を1冊にまとめたもの。サントリー、ソフトバンク、再春館製薬所など、マーケティングに成功をした日本国内の100事例をコンパクトに解説している。

前週に引き続きホイチョイ・プロダクションズの『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』が2位につけた。電通営業マン36人への取材から抽出した「どんな人でも努力しないで必ず成功する気くばり」のポイントを36個厳選して一冊にまとめたものだ。

3位は『デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方』。2人の若きミリオネアが考えるお金の新常識という触れ込み。貯金をせずに今あるお金で億万長者になる方法を明かす。

次ページ以降、197位までのランキングを掲載する。ビジネス・経済書を選ぶ上での参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。