ヤバすぎる経済学が教える成績向上の「裏技」

実験でわかった効果的なご褒美とタイミング

子どもがやる気になる効果的なご褒美とタイミングは?(写真:kou / PIXTA)
「子どもの成績がイマイチ。全然勉強しないし」「やっぱり本人のやる気次第か……」と思い悩んでいる親御さん、安心してください。事前に勉強させなくても、すぐにお子さんの成績を上げられる方法が発見されました! ここでは、危ない話満載のシリーズ最新作『ヤバすぎる経済学』から、子どもの成績を上げる実験の話を掲載します。超一流経済学者によるお墨付きです。

子どもだっておカネをもらえば頑張れる?

700万部のベストセラー『ヤバい経済学』シリーズの最新作! テロ、犯罪、戦争から家族や人生の問題、エロい話まで、いま激動の世界で起こっているすべてを解決する131話。書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

僕らは直接的におカネのインセンティヴを使って、日常の本当にさまざまな活動を後押ししている。ファストフードのレストランで働いてる人が、おカネをもらわなくてもハンバーグをひっくり返してくれるなんて誰も思わない。先生たちが、お給料をもらわなくても学校にやってきて子どもを教えてくれるなんて誰も思わない。

でも、学校に通ってる子どもに対しては、何年も、それこそ何十年も経ってから彼らが手にする遠い未来のおカネという報いで、十分やる気になってしかるべきだと思っている。子どもなんてほとんど、1カ月や2カ月だって永遠みたいに感じるものなのに。

学校に通う子どもの頑張り具合はおカネのインセンティヴに反応するか、少し調べてみようと思い、ジョン・リスト、スザンヌ・ネッカーマン、それにサリー・セイダフと一緒に一連の実地実験をやった。最近、その結果をまとめたワーキングペーパーができた。

これまでの子どもと学校、それにおカネの支払いを扱った研究の大部分と違って、この実験では、子どもたちに一所懸命勉強させたり、もっとよく学ばせたりしようとはしていない。僕らが試みたのはもっと単純なことだ。

次ページ「ご褒美は先に渡し、点が悪かったら取り上げる」方式
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT