ヤバすぎる経済学が教える成績向上の「裏技」

実験でわかった効果的なご褒美とタイミング

生徒たちに、試験そのものをもっと真剣に受けさせられないか、それだけである。だから子どもたちには、事前におカネのことは話さない。試験を受けるべく子どもたちが席に座ったときに、点が上がったら20ドル賞金を出すよとサプライズで発表するのだ。

おカネのインセンティヴでどれだけ改善が見られるかを調べるために、生徒たちには賞金はすぐに支払うと知らせる。そうする代わりに1カ月後に支払うと言ったら、インセンティヴがまったくないので、結果は変わらない。何年も、あるいは何十年も先に報われるから、それで生徒たちは十分やる気になると主張している向きには、これは悪いニュースだ。

ダントツでいい結果が得られたのは、試験の前に生徒におカネを渡し、基準に達しなかったらそのおカネを取り上げる、というやり方をする場合だった。この結果は心理学者の言う「損失回避」と一致する。

幼い子たちだと、トロフィーとかブーブークッションとか、わいろに贈るならそういうオモチャのほうがずっと安上がりだ。でも、歳のいった子たちだと現金以外は効かなかった。

ハーヴァードを最優等で卒業した著者の家では?

成績のいい生徒に賞金を出すと、世間をどれだけ怒らせるか思い知って、僕らはびっくりした。苦情のメールやコメントが山のように届いた。ローランド・フライヤーはアメリカ中の街でおカネのインセンティヴを伴う実験をやって、同じように叩かれた。

ひょっとすると、僕らを批判する人たちは正しくて、僕のほうがどうしようもなく勘違いしてるのかもしれない。そんなことになったのは、中学から高校までの間、僕がAを取るたび両親が20ドルくれてたからなのかもしれない。

でもひとつ確かなことがある。当時、僕の収入といったら成績にかかわるわいろとポーカーで友達から巻き上げるおカネ、それだけだった。だからこそ僕は、おカネのインセンティヴをもらって、高校であんなに一所懸命勉強したのだ。

中流家庭には成績に基づいて子どもにおカネをあげる家がたくさんある。それなら、家の人以外が子どもたちにおカネをあげるのが、なんでこんなに叩かれるんだろう?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT