会食中この「瞬間」にトイレに立ってはダメ!

無神経な人には「他人事感」が漂っています

大事な仕事の話題が広がってきた場面で、席を立つ部下もいるのです。仕事の会食とは言え、最初から仕事の話は出来ません。雑談から始まって、苦労してさりげなく会話を仕事のほうに誘導していきます。

ここから「提案に持って行けたら」と思っていたとしても、相手にはその気持ちを見せてはいけません。相手に「仕事を提案しようと思っている」と思われた途端に、その会はしらけてしまうのです。最初は、あくまでもさりげなく仕事の話をします。そして提案に持って行けるのは(とは言えそのときに具体的な提案をするわけではありません)ちょっとした瞬間だけなのです。その瞬間を逃すわけにはいきません。

それなのに、ここだというタイミングに「ちょっと失礼します」と言って、部下にトイレに立たれると本当にがっかりします。

取引先との食事は貴重な機会と心得る

男性の場合「食事をしている時に仕事の話をするのは無粋だ、向こうもしたくないに決まっている」という人もけっこういます。バブルのころ、経費がふんだんに使えた時代は、それこそ毎夜「飲めや歌えや」の大騒ぎ。仕事の話はしないで「楽しかった」だけで終わることがほとんどでした。

今は時代が違います。使える経費も限られているので、取引先との食事会もいつもできるわけではありません。それだけ貴重な会なので、ただ「飲んで食べて」で終わらせたくはありません。もちろん日頃仕事の話しかしていない相手と、たまにはリラックスして楽しい「懇親の場」を持つことも大事です。けれどもこういう会だからこそ、取引先の本音に踏み込み、今の仕事の悩みを聞き出して、提案に持っていく、ということができるのです。

取引先の方も実は、仕事の話をしたいと思っている人もいます。現状を悩んでいて相談してみたい、と思っているのかもしれません。最初は仕事の話をするつもりではなかったけれど、なんとなく話の流れで「ちょっと仕事のことを話してみたいな」と思うこともあるのです。

それなのに仕事の話を切り出したタイミングに、相手に席を立たれてしまったら話す気も失せてしまいます。せっかく話そうと思っていても「まあいいや」となるかもしれません。何よりも問題なのは、同席した上司に、仕事の緊張感が一切伝わらないことです。本当はいろいろ気遣って緊張していたとしても、上司には「この場にはただ飲みに来ただけなんじゃないか」と思われてしまうのです。

次ページ自分はサブだと思わない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT