飯田のミクロ 新しい経済学の教科書(1) 飯田泰之著

Books Review

経済学の価値観と思考法を身に付けるならば、ミクロ経済学こそが入門にはふさわしいと若手論客の著者は言う。

経済学思考の「クセ」の源は「(方法論的)個人主義」と「(資源の)有限性」にある。倫理的・思想的是非はさておき、役に立つから個人主義的な思考方法に従おうとし、同時に希少な資源の最適配分で考えようとする。結果として経済主体の合理的行動をインセンティブで説明し、そのカギになるのが利益最大化の裁定取引・行動。市場や競争、長期の概念も、長期が仮想的な長期定常状態であるなど、日常用語と異なることを理解しておく必要がある。

「教養として」経済学を学びたい人に向けた、経済学的な思考を養うための入門書。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT