孫文の机 司 修著

Books Review

書名からの想像とは裏腹に孫文も辛亥革命も登場しない。机も主役ではない。孫文が使っていた机にまつわる兄弟の物語で「記者」大野日出吉、「詩人」大野四郎、「画家」大野五郎の三つの職業名からなる章で構成されている。時事新報と中外商業の記者だった日出吉(のち和田姓)は二・二六事件で現場一番乗りを果たし、武藤山治とともに「番町会」を糾弾、松岡洋右に頼まれ満州で新聞社を経営して羽振りを利かせた。

四郎は逸見猶吉の名でのんだくれながら多く詩を発表し、満州で有名人となった。五郎はあまり売れない孤高の画家で、絵を描きながら著者と各地を旅した。足尾銅山の鉱害、二・二六事件、「大東亜」戦争などに3人がどうかかわり、どう精神的影響を受けたかが通奏低音のごとく流れ、時に主題となる。有名無名の軍人、小説家、詩人、画家が3兄弟と交錯する中、大仏次郎賞作家による味わい深い昭和史の一断面が粘っこく展開される。(純)

白水社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。