軽トップで好調のダイハツ、競合迎撃の戦略

軽トップで好調のダイハツ、競合迎撃の戦略

軽自動車トップ、ダイハツ工業の業績が好調だ。

10月25日に発表した上期(2012年4~9月期)決算は、売上高8627億円(前年同期比21.3%増)、営業利益737億円(同75.4%増)といずれも過去最高を記録。期初に公表していた会社計画(売上高8300億円、営業利益600億円)を超過達成した。

上期は主力の国内軽自動車がエコカー補助金・エコカー減税の追い風も受けて、「ミライース」(=写真=)などの低燃費車が好調に推移、台数ベースで前年上半期比37%増となった。インドネシアとマレーシアで展開している海外部門も、自社ブランド、トヨタ向けOEM(相手先ブランドによる生産)ともに堅調な伸びを記録した。インドネシアに導入されたローンの頭金規制の影響が懸念されていたが、自動車を購入するような中間・富裕層には影響がなかった。

下期(12年10月~13年3月期)は、海外事業は10月にインドネシアで新工場も稼働し、引き続き堅調を維持する。ただ、国内の軽自動車は勢いが鈍る見込みだ。エコカー補助金が終了した反動が出ることに加えて、競合の販売攻勢も強まるからだ。

スズキが9月に主力車種・ワゴンRをモデルチェンジして販売攻勢をかけているほか、11年にホンダが国内は軽自動車を主戦場と位置づけて新型車N-BOXを投入してシェアを急伸させ、この11月には新型車N-Oneを投入しさらにシェアアップを図る構えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT