軽トップで好調のダイハツ、競合迎撃の戦略

軽トップで好調のダイハツ、競合迎撃の戦略

軽自動車トップ、ダイハツ工業の業績が好調だ。

10月25日に発表した上期(2012年4~9月期)決算は、売上高8627億円(前年同期比21.3%増)、営業利益737億円(同75.4%増)といずれも過去最高を記録。期初に公表していた会社計画(売上高8300億円、営業利益600億円)を超過達成した。

上期は主力の国内軽自動車がエコカー補助金・エコカー減税の追い風も受けて、「ミライース」(=写真=)などの低燃費車が好調に推移、台数ベースで前年上半期比37%増となった。インドネシアとマレーシアで展開している海外部門も、自社ブランド、トヨタ向けOEM(相手先ブランドによる生産)ともに堅調な伸びを記録した。インドネシアに導入されたローンの頭金規制の影響が懸念されていたが、自動車を購入するような中間・富裕層には影響がなかった。

下期(12年10月~13年3月期)は、海外事業は10月にインドネシアで新工場も稼働し、引き続き堅調を維持する。ただ、国内の軽自動車は勢いが鈍る見込みだ。エコカー補助金が終了した反動が出ることに加えて、競合の販売攻勢も強まるからだ。

スズキが9月に主力車種・ワゴンRをモデルチェンジして販売攻勢をかけているほか、11年にホンダが国内は軽自動車を主戦場と位置づけて新型車N-BOXを投入してシェアを急伸させ、この11月には新型車N-Oneを投入しさらにシェアアップを図る構えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT