軽トップで好調のダイハツ、競合迎撃の戦略

これに対して、ダイハツではミライースのほか各車種の低燃費化を進めて、減税・免税(100%減税)適応車のラインナップを強化、「低燃費ナンバーワンのダイハツ」をアピールする。シェアの低い地域などを中心に直営販売店を30~60拠点新設、営業人員も増員する。上期の好調にもかかわらず、あえて通期の業績計画を据え置いた理由の1つには、販促費を積み増してでも、ライバルの販売攻勢に徹底的に応戦するということもある。またマイナーチェンジ期を迎える「ムーブ」など、新商品も投入し、対抗する方針だ。

ダイハツは25日、上期決算の好調を踏まえても、今後の販売競争の激化などを理由に今2013年3月期見通しを売上高1.67兆円(前期比2.4%増)、営業利益1200億円(同3.9%増)の通期計画は据え置いたが、超過達成する可能性が高い。伊奈功一社長自身、「公表の営業利益1200億円は最低ラインで上振れを目指したい」と述べた。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT