波紋を呼ぶ「少数派」しか世界を変えられない

出口氏と同性婚カップルが語る「真実」

出口:面白い話があるのですが、文学者のバーナード・ショーは「少数派しか世界を変えることはできない」と言っています。どういうことかと言うと、賢い人はその場の空気を読んで、すぐに周りにうまく合わせることができるし、考えない人はそもそも何も変えようとしない。ところが少数派の人やちょっと賢くない人は空気を読めないので、自分の信じていることをひたすら言い続ける。だから彼は、少数派しか世界を変えられない、と言っているのです。

:おもしろい! 私、空気読まないですよ!

増原:読まないんじゃなくて、読めないんでしょ(笑)。

:読めないですね(笑)。ディズニーで結婚式したいと思ったらしたい。誰もやったことがなくても、私がしたいと思ったらしたいんです。あそこでドレス着て結婚式したいと思ったら、できなくても前例がなくても、したい。そう思ってしまいます。

増原:役割分担なんですよね。私が調整役(笑)。

さまざまなマイノリティ

出口:世の中には、性的マイノリティだけではなく、さまざまなマイノリティが存在していると思います。お二人は、ほかにどのようなマイノリティがあると思いますか? あるいは、お二人の考える理想の社会とはどのような社会ですか?

:私はLGBTの課題は、LGBTだけの課題ではないと思っています。マイノリティが生きやすい社会は、マジョリティも生きやすい社会だと思うし、どちらに課題があるのかを答えるのは難しい。家族の形や結婚を考えたときに、LGBTを知ることで、マジョリティの人も「自分らしくていいんだ」「結婚して子どもを産むのが当たり前じゃなくていいんだ」と、楽になってもらえたらいいなと思っています。私たちは、なにか特別な権利がほしいのではなく、みんなが生きやすい社会になってほしいだけです。

増原:私は、まだまだ女性の生きづらさが残っていると思います。少子化なのに保育園の待機児童の問題もあるし、数では半分いるはずの女性がこんなにも生きづらい。この問題を解消すれば、日本の生産性や幸福度はだいぶ上がるはずです。私たちは、女性という視点も持っているので、LGBTと女性の両方の視点から、両方の課題を解消していきたい。

出口:女性の地位の問題は重要ですね。日本は男女平等ランキングでは、145カ国中101位というとんでもない状況ですからね。

:私が悲しいのは、日本の若い女性たちが、「私たちは女性差別を受けているとは思っていない」と言っていることなんです。「今は女性が生きづらい」「変えていかなければいけない」「自分の生き方は自分自身で決めていい」ということを女性にこそ、もう一度自覚してほしいです。

次ページ日本は先進国から見て30年くらい遅れている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。