波紋を呼ぶ「少数派」しか世界を変えられない

出口氏と同性婚カップルが語る「真実」

出口:僕は、還暦のときにゼロから生命保険会社を立ち上げて開業しました。よく「既存の生命保険会社から足を引っ張られませんでしたか?」と質問されるのですが、僕は「池に石を投げ入れたら、波紋が立つのは当たり前」だと思っています。よく「こんなことをやりたい、あるいはこんなことを言いたいけれど、波紋は嫌だ。どのように石を投げたらいいですか?」と聞かれるのですが、僕は、「それはできません」とはっきり言います。投げたい気持ちが強かったら投げればいいし、波紋が立つことが嫌だったら投げなければいい。「いいとこ取りは世の中にはあり得ないのです」といつも言っています。

増原:表に出るということは、波紋と付き合いながら、自分の投げた石の先を見て行くことだと思っています。いろいろなところで発言していると、LGBTの人たちから非難されることも結構あります。むしろ、そちらのほうが大変な場合もあります。でもそんなときには、「なぜ自分たちはこんなことをやっているんだろう?」「もともと何がやりたかったんだっけ」と立ち返るようにしています。

:私は、自分自身のためにカミングアウトをしているし、「私はこういうことを伝えたい!」っていう思いがあるので、やっぱり「石を投げたい人」なのだと思います。というよりは、投げずにはいられないのかもしれません(笑)。

それぞれのロールモデル

出口:お二人にはロールモデルがいらっしゃるのですか?

増原:私の場合は、ハーヴェイ・ミルクという、ゲイを公表してアメリカで初めて政治家になった方です。1970年代、彼は3回目の選挙で市議会議員になりますが、その直後に同性愛反対派の市議に暗殺されてしまいます。彼のことを映画で知ったときに、胸が熱くなって「何か動かなきゃいけない」とすごくむずむずしました。今は政治家にもたくさんのLBGTがいますが、70年代の頃はまったく理解されなかったはずで、当時のメッセージとしては強烈だったと思います。でも、彼が後世に与えた影響は本当に大きくて、その後「社会を変えていくには、個人個人のカミングアウトが大事」という流れになりました。

出口:ニューヨークの市議会議長もそうですよね。

増原:オープンリー・レズビアンのクリスティン・クインさんですね。今では本当に政治家にもたくさんいますが、ハーヴェイ・ミルクは70年代で初めてだったということもあり、結局、殉職というか、亡くなってしまったんですけれども、当時のメッセージとしてはかなり早かったと思います。

:私は、先輩のレズビアンカップルに大きな影響を受けました。彼女たちは、その前に異性婚をして子どもを産んでいます。それでシングルマザーとなり、ステップファミリーとして、連れ子のお子さんを育てているのですが、実は結婚式も挙げていて。そのアルバムを見せてもらったときに、「あ、女性同士でも結婚式を挙げられるんだ!」と衝撃を受けました。

次ページ 社会を変えるのはいつだって少数派
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。