日本流ファストフード!「みそまる」の威力

疲れが取れ、体調がよくなる人も

いつでもどこでも本格的なみそ汁が楽しめる

「みそまる」は、みそにだしと具材を混ぜて、お椀一杯分を丸めた即席みそ汁の素。お湯を注ぐだけで、いつでもどこでも本格的なみそ汁が楽しめるとあって、お弁当のお供に、オフィスでコーヒーブレイクならぬみそ汁でほっこりブレイク、はたまた女子会の持ち寄りギフトなど、活用の場が広がっている。

生み出したのは、ミソガールこと藤本智子さん。ハードなOL生活でひどい肌荒れを経験し、みそとの出合いから健康な体を取り戻したひとりである。

「みそ汁は、発酵食品のみそをベースに、いろいろな具を入れて楽しめるすぐれもの。毎日飲むようになったら、肌荒れが治り、風邪もひかなくなって、そのおいしさ、楽しさ、可能性を実感しました!」と、目をキラキラ輝かせて語る。

以来、みその魅力にどっぷりとハマり、世界中に普及啓蒙する伝道師となった。

直径約3cmの「みそまる」で、秒速みそ汁

作り方は至って簡単

ぜひとも毎日取り入れたいみそ汁だが、ちゃんとかつおと昆布でだしをとり、具を刻んで、みそを溶くのは結構面倒だし、時間もかかってしまう。ひとり暮らしの場合、みそパックを使い切るのも大変で、冷蔵庫でさらに熟成されるのがオチである。

次ページ和・洋・中、なんでもイケる「みそまる」の具材とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。