iPhoneを今より安く、しかも快適に使う裏技

毎月、速度制限に悩まされていませんか?

逆に、最新の情報さえ表示されれば事足りるようなアプリなら、オフにしても大きな問題はない。たとえば、天気予報アプリのように、単純に天気や気温を見るだけなら自動更新の必要はない。アプリを立ち上げたときにデータを読み込めば、最低限の役割は果たしてくれるだろう。

バックグラウンド通信を抑制しただけでは節約できるデータの量は限られているが、アプリを大量に入れている人は、やっておいて損はない。

アプリごとにどの程度、通信量が発生しているのかは、「設定」→「モバイルデータ通信」で確認できる。普段使っていないはずのアプリなのに通信量が発生していた場合は、バックグラウンド更新をしていた疑いがある。本当に必要なければ、それらのバックグラウンド更新はオフにしておくべきだ。

3.App Storeの更新はWi-Fiのみで行うこと

「設定」→「iTunes & App Store」で、Wi-Fi接続時でのみアプリの更新を行うように設定するのが便利だ

iPhoneが高機能化するに従い、アプリの容量も大きくなっている。以前はモバイルデータ通信でダウンロードできるアプリの容量に制限がかけられていたiPhoneだが、今ではそれも100MBまで緩和されている。

アプリのダウンロードや更新をモバイルデータ通信経由で行うと、無駄なデータ容量を使うことになりかねない。特に、アプリの更新は、iPhoneにインストールしているアプリが多ければ多いほど、データ容量を消費しがちになる。可能であれば、更新はWi-Fi接続時に行うようにしたい。

モバイルデータ通信の使用をしない設定も、用意されている。「設定」→「iTunes & App Store」を開き、「アップデート」のチェックを外す。この設定にしておくと、手動でApp Storeを開いてアップデートボタンを押したときにだけ、更新を行うようになる。

ただし、これだと更新自体を忘れてしまうおそれもあり、少々不便だ。Wi-Fi接続時には自動で更新してもいいだろう。おススメは、アップデートはオンにしたまま、その下にある「モバイルデータ通信」だけをオフにする設定だ。自動アップデート自体をオフにするのは、容量制限のあるWi-Fiルーターにつないで使っているようなときだけで十分だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT