イスラム過激派を壊滅するには何をすべきか

穏健派と手を組み、西側の民主主義を守れ

シリア内戦で荒廃した世界遺産の町バルミラで (写真: ロイター/Omar Sanadiki)

原文はこちら

フランスのヴァルス首相が最近、イスラム過激派にはまったく正当性がないと主張したのは正しかった。同首相は4月4日には、イスラム過激派の底流をなす教えで、フランスを中心とする欧州で改宗を進めようとするサラフィー主義がイデオロギー上で勝利する危険性に関して警告したが、この主張も正しかった。

フランスの歴代の政府は30年にわたり、この議論に取り組む責任を放棄してきた。その消極姿勢は短期的には社会的な平和をもたらしたが、共和国の価値観とは異なる価値観がフランスの各都市に根付くのを可能にした。そしてその後、代々の政府はイスラム過激派が実はファシズムであると認めることを拒否し続けてきた。

仏政府の融和姿勢は極右も勢いづかせた

政府のこうした失敗は、政治的に極端な考えを有する人々を利してきた。2012年には極右の国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が、ユダヤ教の男性がかぶる小さな帽子のヤムルカと、イスラム教で女性がかぶるヴェールとを、両方の宗教を批判する目的で、一緒くたにした。そして今月、元老院(上院)のエステール・ベンバサ議員(ヨーロッパ・エコロジー=緑の党)は、ミニスカートもチャドルも疎ましい点では同じだと主張した。

問題を一層複雑にしているのは、過激派が穏健派に大声で罵声を浴びせることで優位になり得る点だ。フランス革命の間、議会で山岳派がジロンド派の声をかき消したように、過激なジハード主義者は 他者や法を守って自らの信仰を静かに実践するために放って置いてほしいと望む多くのイスラム教徒の声をかき消している。

それから最後に、宗教的な狂信者が自分たちを立腹させた者に汚名を着せると、指導的立場にある者は怖気づいて主張を変えることが多い。古くはインド人の小説家サルマン・ラシュディであった。今日ではアルジェリア人の小説家カメル・ダウドだ。

次ページイスラム教だけの問題ではないと再認識を
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT