電動歯ブラシの使い方を誤解していませんか

手で磨くより汚れが取れていない現実もある

次に歯ブラシの当て方です。順に説明していきましょう。

1.口に入れてからスイッチON

歯ブラシに歯磨き剤をつけたら、歯にぶつかったり、歯磨き剤が飛び散ったりするのを防ぐために、口の中に入れて、磨く歯に当ててからスイッチを入れましょう。

2.歯に軽く当てる

電動歯ブラシはパワーがありますので決して歯に押し当てないようにしましょう。あくまでも軽く当てる程度で。

3.歯に当てる角度

噛み合わせの面の場合は、歯に対して90度が適切です。一方、歯の側面は歯に対して90度または45度。歯周病対策には45度に傾けると歯と歯茎の間の汚れが効果的に落とせ、歯茎のマッサージにもなります。そして前歯の裏側は歯ブラシが横に入れづらいために、縦にして1本ずつ磨きます。

4.ゆっくりスライドさせる

基本的に横にゴシゴシやる必要はありません。当てているだけで十分です。1箇所につき数秒間毛先を当てて徐々にスライドさせます。ただし、例外として超音波歯ブラシは普通の歯ブラシのように横にゴシゴシと動かす必要があります。

製品によってはブラシを交換できるタイプがあります。毛先の消耗や衛生的な面で考えると2〜3カ月に一度くらいで交換することをお勧めします。

磨き方の基本ができているかどうか

電動歯ブラシも普通の歯ブラシも、正しい磨き方ができていてこそ、きちんと汚れが落とせるものです。電動歯ブラシをうまく使いこなすためには、普通の手磨きがきちんとできている必要があります。磨き方の基本ができていなければ、どんなに高性能な歯ブラシを使っても十分な効果が得られないばかりか、逆にパワーの強い電動歯ブラシによって歯や歯茎を傷めてしまうことになりかねません。

歯医者で歯磨き指導を受けたことがない人は、一度プロから正しい磨き方を教えてもらうとその効果も変わってくるはずです。また、電動歯ブラシでも歯間は清掃できませんので、歯間はデンタルフロスで磨くようにしましょう。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。