「デキない人」と言われないための情報収集術

新社会人はこの25のソースを押さえておけ

社会人の時間は貴重だから、資料を作成してから「こんなものを求めていない」といわれたら意味がないし、時間がもったいない。できるだけ、発注者(上司)と作成者(あなた)の乖離をなくす作業を事前に忘れてはいけない。

2. 資料は「会社の役に立つもの」でなくてはならないと意識する

当然ではあるものの、会社は大学ではない。資料を作る前に、次を意識して情報収集源にあたらねばならない。「ネットで収集しただけのつぎはぎ資料になっていないか」「書籍、雑誌、テレビといった情報の、単なるまとめになっていないか」「あまりに原則論の、誰でもわかっている情報ばかりになっていないか」といったことだ。なぜならば、会社は利益を追求する。すくなくとも、お客の満足向上を目的とする。

大学のレポートと仕事で求められるレポートも、調べて書く、という点だけを見れば変わらない。ただ、大学のレポートは、自分で意思を持って調べ、そして自分で検証する。大学の先生が採点するのは、その手法であり、論理展開であり、研究としての新規性だ。

しかしビジネスパーソンの資料は、大学ではなく会社のなかで使われる。ということは、多かれ少なかれ、会社という組織の意思決定に関わるものであるはずだ。これは資料を作成する側からするときびしくはある。ただ、大事なのは、あなたの資料から新たな発見を導くことであり、これまで誰も気づかなかった事実を提供することだ。そして、その資料をみたひとが、なんらかの具体的なアクションに移行できれば素晴らしい。

3. 鮮度、期限……情報収集は「時間」が命と意識する

みなさんが上司だとしよう。たまに100点を取るけれど成績が安定せず、遅れがちな部下。そして、安定的に70点を取り、納期を守る部下。ほとんどの場合は、後者を評価するし、重宝するはずだ。上司の満足基準は、まず納期遵守にあると心しておこう。

そして、資料については、情報の「時間範囲」が重要だ。自動車メーカーの販売台数比較をするとしよう。最新の業界勢力図であれば、昨年のデータはほしい。そして、販売台数を比較するとすれば、何をしようとしているのだろうか。

あなたの会社が、どこかのメーカーを新規販売先として検討しているのであれば、そのシェア推移が10年くらいどう変化しているのか。そして、どのような技術を取り入れているのか。さらに、関係者へのインタビューをとって、どのような車種を開発したり、技術的に進化させたりするのか、直近のヒアリング情報があったほうがよい。

ただし、たとえば2001年に中国がWTOに加盟した影響を見ようと思えばどうだろうか。最新のデータよりも、2001年前後のデータが重要になる。それに加えて、自動車各社の戦略がどうなっていったのか。そして実際に、輸出入は伸びたり減ったりしているのか。さらに関係者にインタビューできれば尚可だ。

次ページ使えるソース25
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。