「デキない人」と言われないための情報収集術

新社会人はこの25のソースを押さえておけ

重要なことはそのデータの使用法であり、文脈だ。

この三つの心構えを基本として、次に情報収集のソースを誰よりも知っていることだ。

新ビジネスパーソンが知っておくべき情報ソース25

① 会社について調べる(与信情報その他)

先方の会社と取引を開始するか。そのときには、先方の与信調査が欠かせない。与信調査とは、つまり、相手がちゃんとした経営状態か調べる。周囲からの情報や、決算書などを調べなければならない。そのときに使えるのが、次のようなソースだ。

1. 帝国データバンク

2. 東京商工リサーチ

3. D&B

帝国データバンクや東京商工リサーチは日本の企業を調査できる。また、D&Bは海外取引先が対象となる。また、上場企業の決算情報であれば、次が使える。

4. EDINET

このEDINETは金融庁がやっている、いわば正規版だ。ただ、やや操作性に難がある。3年分の決算書かつ、重要項目だけであれば、次が便利だ。

5. Yahoo!ファイナンス
また、海外であればおなじく次が使える。

6. EDGAR

7. 米Yahoo! Finance

ところで、上場していない企業の利益状況を調べようとすると、情報入手にお金がかかるケースがある。そんなときは、次を活用しよう。

8. ジェトロビジネスライブラリー

9. 大型図書館

このジェトロビジネスライブラリーは東京と大阪の限定になるものの、東京商工リサーチの端末を無料で活用できる。また、大型図書館では、その元となる「東商信用録」が置いてあるところがあり、おなじく無料で閲覧できる。

② トレンドについて調べる

あるいは、部署に限らず、新商品の販売先や、逆に仕入先を調べたりするケースがあるだろう。そのときには、次の情報源が活用できる。

10. 日経消費インサイト

11. 公益財団法人大宅壮一文庫

次ページ公的資料を活用しない手はない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。