独学術 白取春彦著

独学術 白取春彦著

哲学と宗教に関する多くの解説書で知られる著者は「学習」とはまねをすることであり、子供や何も知らない者が取りかかる最初の数歩のことで、大人がするものではないと言う。そもそも教師のまねや事典的な決まった答えを覚えるだけで、それ以上の発展がない単純作業は本当の勉強ではない。大人がすべきは「独学」。語学であれ何であれ自分で勉強しなければ何も身に付かない。つまり勉学とは独学に限ると力説する。

「難しい本は読み切らなくていい」「解説書のほうが原典より難しい」「外国語学習は『読む』ことが基本」など著者なりの指針に加え、ノートの取り方、傍線の引き方といったコツを伝授しながら、独学で学ぶ基本姿勢を説く。

ディスカヴァー携書 1050円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。