アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第3回)--日本人にはベンチャーのDNAがある

--今の日本には、チャレンジしようとする若者もちゃんといるということですね

もともと、日本人というのは性格的にも地道に積み上げていくことが得意だし、労働に関しても素晴らしいことだという文化や道徳があるので、一生懸命働くのは素晴らしいことだという感覚があります。だから、自分の好きなことにはまれば必ずやりますよ。そして、自分で意思決定をして好きな人生を選ぶということが素晴らしいことだと、社会全体が認めていかなくてはいけません。そうしないと、多くの人がそっちの方向に進むという流れができていきませんからね。

実際に、明治維新や第二次世界大戦後は、きら星のようにベンチャーが生まれたじゃないですか。そして、成功していきました。こんなにベンチャーが出た国はありません。戦後の焼け野原に次から次へとベンチャーが出たのは、ほんの60年ちょっと前です。だから、日本人のDNAにはその気質が間違いなくあるんですよ。

いけだ・ひろむ
NSGグループ代表。学校法人新潟総合学園総長。日本ニュービジネス協議会連合会会長。1949年新潟市古町の愛宕神社・宮司の家に生まれる。国学院大学で神職を学び1977年に愛宕神社宮司となる。同年、新潟総合学園を開校。

(聞き手:フリーライター・小島知之、東洋経済HRオンライン編集長・田宮寛之)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT