アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第3回)--日本人にはベンチャーのDNAがある

--そういうチャレンジ精神を持ったときの若者のパワーや可能性を、どのようにとらえていらっしゃいますか?

「こんなことで自分の人生が終わってたまるか」というぐらいの気持ちがないとダメですね。最近は若者が保守化していて、そういう思いを持つ人が少なくなってきたとも言われますが、底流にはちゃんといると思います。

やはり、人は誰もが「幸せになりたい」「いい人生を送りたい」という願望がある。しかし日本は戦後、それなりの経済大国になったことで安定志向になり、世の中があまりにも「安全に生きることが一番」「勉強をがんばれば幸せになれる」と言いすぎました。しかし今になって、勉強をがんばっても幸せになれないかもしれないというふうに、雲行きが怪しくなってきた。だから、今の社会は不安に満ちているのだと思います。

就職活動でも、大企業にばかりエントリーして、面接さえしてもらえずに落ちていく人たちがたくさんいますが、それは必ずしも本人が悪いわけではなくて、育てられ方がすでに安定志向になっているからですよ。

本当は、チャレンジすることや自分で自分の人生を切り開くということはとても素敵なことなのですが、それらが良しとされる社会にはなっていないんです。それよりは官庁や大企業に入ることが幸せだと思っていたわけですが、上の世代を見ると、どうもそうではなくなってきた。「なんかおかしいな」という感じだと思いますが、そんなことを考えているぐらいだったら「チャレンジしろよ」と言いたいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。