発達障害と呼ばないで 岡田尊司著

発達障害と呼ばないで 岡田尊司著

昨今、ADHD(注意欠陥/多動性障害)や自閉症スペクトラムなど、子どもたちが「発達障害」と診断されるケースが急増しているという。なぜ、このような状態に至ったのか、そもそも発達障害とは何なのかを、精神科医である著者が解き明かす。

従来、発達障害は遺伝要因が発症に寄与する割合が高いとされてきた。ところが、子どもが養育過程で十分な親の愛情を得られない場合にも、同様の障害=「愛着障害」が生じるケースのあることがわかってきている。

ただし、本来、子どもの成長の仕方には個人差があるのが当たり前。“障害”という考え方にとらわれすぎると、その子の将来を閉ざす可能性があるとも指摘している。

幻冬舎新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。