発達障害と呼ばないで 岡田尊司著

発達障害と呼ばないで 岡田尊司著

昨今、ADHD(注意欠陥/多動性障害)や自閉症スペクトラムなど、子どもたちが「発達障害」と診断されるケースが急増しているという。なぜ、このような状態に至ったのか、そもそも発達障害とは何なのかを、精神科医である著者が解き明かす。

従来、発達障害は遺伝要因が発症に寄与する割合が高いとされてきた。ところが、子どもが養育過程で十分な親の愛情を得られない場合にも、同様の障害=「愛着障害」が生じるケースのあることがわかってきている。

ただし、本来、子どもの成長の仕方には個人差があるのが当たり前。“障害”という考え方にとらわれすぎると、その子の将来を閉ざす可能性があるとも指摘している。

幻冬舎新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT