歴史のなかの大地動乱 奈良・平安の地震と天皇 保立道久著

歴史のなかの大地動乱 奈良・平安の地震と天皇 保立道久著

歴史学者である著者は、8~9世紀、つまり奈良時代と平安時代初頭の歴史史料を読み込むと、この時期は地震や火山の噴火などが相次ぎ、地震活動期に入った現在の日本と重なると論じている。

貞観地震・津波、富士山噴火、南海・東海地震、阿蘇山噴火など、一つひとつの自然災害と時代背景を明らかにすることで、時の為政者たちが未曾有の危機にどう対処し、どう乗り越えようとしたかを検証。併せて大地動乱が日本の東北アジアでの針路選択にどう影響したかも推し量る。

特に、869(貞観11)年に陸奥国沖で起きた大地震と陸奥海溝津波は、3・11の東日本大震災とよく似た地震の強さ、震源断層だったと指摘した論考は刺激的だ。

岩波新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT