スクリューフレーション・ショック 永濱利廣著

スクリューフレーション・ショック 永濱利廣著

豊かさを実感できない社会の到来は日本ばかりではない。米国では「スクリューフレーション」となって、発生しているという。スクリューフレーションとは、中間層の貧困化(Screw−ing)とインフレーション(Inflation)を組み合わせた造語で、米国のファンドマネジャーが命名したものだ。

世界経済のグローバル化・一体化、技術革新、非正規雇用の普及という三つの大潮流に、金融緩和、急成長新興国のインフレ、食料・エネルギー価格上昇が加わって、この脅威にさらされるというのだ。

では日本はどうか。失われた20年を経て中間層の貧困化は深化し、スクリューフレーションが起こりかねないどころか、すでにその門口に至っている可能性さえあるという診断だ。どのようなシナリオを描けば、この貧困化と、地方ほど打撃が大きい物価の二極化を食い止めることができるか。気鋭のエコノミストの一味違う日本経済論だ。

朝日新聞出版 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。